裏WR-C

~その時Jrが見たものは~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジン復活計画!!Step2

お待たせ致しました☆エンジン復活計画のStep2をやっと更新します(^▽^;)
Step2=燃焼室内部のカーボン除去。ピストン&ピストンリングの清掃。
と、これまた難しい言葉を並べてみましたが、要するに燃焼室(シリンダー内)の中にオイルやガソリンが固着し発生されたカーボンを取り除く作業をする訳ですが、ヘッドを下ろすなどの大がかりな作業では御座いません!!
この作業で使うのは↓↓こちら↓↓
DVCka-bonn.jpg
NUTEC製 NC-900
NC-900とは=燃焼室に堆積したカーボンを直接クリーニング。新開発の専用溶剤は頑固なカーボンを溶解、剥離するカーボンリムーバーとして強力に作用して燃焼を改善し、エンジンの性能を回復します。
と、これまたNUTECさんのHPから引用しましたが、要するに・・・
燃焼室(シリンダー内)にNC-900を燃焼室に直接噴出する事でオイルやガソリンで蓄積された頑固なカーボンを完全に取り除き燃焼効率を改善しエンジン性能を回復するって事です☆
作業方法は=まずボンネットを開けプラグを外します。そしてプラグ穴から燃焼室にNC-900を噴き掛けます。4つとも泡が溢れるくらいまで何度かに訳、均等に入れて行きます。1本使い切ったらプラグ穴をウエスなどでゴミが入らない様に蓋をして1時間~2時間くらい放置します。時間が経ったら燃焼室に溜まっているNC-900をバキュームで吸い出しプラグを装着してエンジンを掛け、30分~1時間程度アイドリングします。

はいっ♪これで終了です\(^▽^)/

ここで疑問を思う方がおられると思うので疑問を取り除いておきましょう☆
走行距離が多く走っている車などはピストンリングがヘタっていてNC-900がエンジン内に流れ落ちオイルと混ざってしまうけど大丈夫??
はい♪大丈夫です☆NC-900にはオイルを洗浄する成分も含まれていますのでオイルと混ざっても大丈夫です=*^-^*= またキャブクリーナーなどのカーボンを除去する製品ではオイルを完全に取り除いてしまいますが、NC-900では上記の様にオイル成分が含まれているので燃焼室のオイルを取り除かないのでシリンダーやピストンを痛める恐れがありません☆

と、今回も長文になってしまいました(-□-;) Step2はこの位にやめておきましょう♪次のStep3は清掃した燃焼室をコーティングします☆
お楽しみに~~~ぃ(*´∇`*)

テーマ:英国車ミニへの想い - ジャンル:車・バイク

初号機バージョンアップ!!

じゅにあ初号機が、またもバージョンアップしました☆
何をしたかと言いますと・・・フフフ ( ̄+ー ̄)キラーン

点火系チューニング~~~v(≧∇≦)v イェェ~イ♪

どんな点火系チューニングをしたかと言いますと、OKADA PROJECTS製プラズマ・ブースターを取り付けて見ました☆プラズマ・ブースターとはイグニッションコイルに接続し、点火エネルギーを増大させる点火チューニングパーツで独自のシステムで、マルチスパークを発生させ完全燃焼を実現させる代物!!・・・と、難しい言葉をOKADA PROJECTSさんのホームページから引用してみましたが、要するにイグニッションコイルに接続するだけの簡単装着で、プラグに飛ぶ火花を2倍以上に増大させて完全燃焼をさせます。それと通常、ノーマルではスパーク(火花)は1回だけですが、プラズマブースターは複数のスパーク(マルチスパーク)を発生させます。う~ん何て分かりやすい説明だ♪(´▽`ヾ)
とにかく付けて見た感想は低回転のトルクが実感出来る効果で、街乗り重視の人にはお勧め出来ますね☆特に点火系なのでアーシングをしてる車輌には効果絶大かと思います!回りの人と差を付けたい方々は1度お試しあれ☆o(*^▽^*)o~♪

プラズマ・ブースター

【“初号機バージョンアップ!!”の続きを読む】

テーマ:英国車ミニへの想い - ジャンル:車・バイク

☆WRCエンジン復活計画☆Step1

やっと文章もまとまってきた所なんで、そろそろ更新します☆(@^▽^@)
Step1=フューエルライン(燃料タンク、燃料ポンプ、ライン、レギュレター、インジェクターなど)の洗浄。
と、難しい言葉を並べてみましたが、要するにこれをしたらいいのです!!
フューエル1&フューエル・ブースト
WAKO`Sフューエル1NUTECフューエル・ブースト
当店の常連のお客様なら『・・・はっ!?( ̄□ ̄)!?』って位、お約束の商品ですが、このエンジン復活計画には必需品なんです!?では何故これを入れるかをご説明致しましょう( ̄ー ̄)
フューエルラインの洗浄をこれでするのは分かると思いますが次のStep2でシリンダー内のカーボンを取り除く作業をしますので、その前にどちらかを入れて頂く事によりシリンダー内のカーボンを取れやすくしておくのを兼ねております☆お分かりになられましたか??
ただここで1つご注意が・・・!!
Step3に進む前にフューエル1フューエル・ブーストを入れたガソリンを使い切って下さい!!ガソリンに上記の物が残っているとStep3でするコーティング取れてしまいます(--;)・・・ナンテコッタ・・・ 注意するのはこれ位ですかね??

もう書く事も無くなってきましたので今回はこの辺りで☆
あっ!!そう言えば言い忘れてましたけど、今回のエンジン復活計画はじゅにあ初号機で試されています(≧∇≦)y長期に渡り更新されない時はJrに金銭面的危機が訪れていると思っておいてください・・・( ̄ー ̄∂) ポリポリ

WRCエンジン復活計画~♪

久しぶりにこのカテゴリーを更新します。o@(^-^)@o。今回の企画は相当オススメ☆当店オリジナルの『WRCフルアーシング・システム』に迫る勢いで個人的に強力プッシュです♪とにかくタイトルにも書いておりますが一応やっときましょう♪Jrお得意のデカ文字で☆行きますよ~!!


・・・せ~の・・・。

WRCエンジン復活計画~♪♪(*´▽`*)ノ゛



と、言う訳で始まりました裏WR-Cの幻のカテゴリーが久々の更新です♪正直このカテゴリーは凄~く面倒です!!色々調べたり画像撮ったりと・・・。なので、このカテゴリーの更新はJrが本当にオススメするもの以外は更新しません!!独断と偏見のブログですから(* ̄Oノ ̄*)ホーッホッホ!!
とにかく本題に入ろうと思いますが、その前に言わせて頂きます!今回のオススメはエンジン復活計画となっておりますが、別にエンジンをOHする訳では御座いません!そしてチューニングではありません!!フルアーシングと同じくMiniの持っている性能を100㌫出す様にする事が目的なんで、サーキットを走っている方々だけで無く普段通勤や街乗りオンリーな方々にもオススメなんで最後まで見て上げて下さい♪それとこの復活計画を1つのブログで書くと、すご~く長くなってしまうので、4行程ほどに分けさせて頂きます。まずその行程を簡単に説明させて頂きますね☆

Step1=フューエルライン(燃料タンク、燃料ポンプ、ライン、レギュレター、インジェクターなど)の洗浄。
Step2=燃焼室内部のカーボン除去。ピストン&ピストンリングの清掃。
Step3=シリンダーや摺動部品をコーティング。
Step4=エンジン内部やミッションやデフなどのコーティング。

と、超簡単に言わせて貰うとこんな感じですかね??これを1つずつ噛み砕いて説明させて頂きます♪・・・次回に☆笑。(もう疲れますた。。。) それでは次の更新をお楽しみに~ヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ


≪第一章終了≫

テーマ:英国車ミニへの想い - ジャンル:車・バイク

FC2Ad

人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。